髪を生やせる人と生やせない人の違い

どうも、ユージです。
今回も髪を生やし自信を手に入れるための考え方を書いていきますね。

髪を生やせる人と生やせない人との違い。
さっそくですがどういう人が髪を生やせると思いますか?

僕の考えでは生やせる人は大きく分けて3つの要素を持っている人だと最近感じます。
ちなみに髪を生やすに限らず全てのチャレンジにおいても言える3要素なのかなと思っております。

成功者の知識や経験を素直に〝真似する人〟

一つ目は真似する人ですね。
これは具体的に言ったら結果の出てる人を素直に真似るということです。

イメージしてもらいやすいように一つエピソードを話すと、僕には従妹が2人いるのですが1人は男性でもう一人は女性です。
二人とも僕より年齢が二つ上で配偶者がいて子どもがいる状況です。
二人とも若い頃から僕より自信が有り活発だったので比較的早くに結婚をし子どもを作りました。
面白いことに子どもも同じ年に生まれております。
で二人のお子さんはすくすく育ち今じゃ都内の大学に通っています。

でここからがポイントです。

大学に通っているという事はということは当然大学受験があります。
お子さん二人とも一般受験です。
しかも入れればどこでもいいというわけではなく出来るだけ偏差値の高いところを目指すそうです。
まぁどうせ受験するならなるべくレベルの高い大学を目指すというのは一般的ですよね。
やはりどうしても就職に有利ですし、経歴に箔がつきますよね。 (ちなみに僕は大した大学じゃないです)

さて上にも書いたように私には従妹が二人いてそれぞれ子どもが一人います。
大学受験をするうえで、 一人は予備校に通い愚直に講師の言うことを聞き予習と授業、そして復習をしたそうです。
一方で、もう一人のお子さんは予備校には入ったもののどうも素直じゃないらしく予備校の指示を無視し我流で勉強したそうです。

するとどうなったか。
まぁもしかしたら想像つくかもしれませんが、 予備校講師の指示を愚直に聞き真面目に地道に努力した子はぐんぐん成績が伸び、第一志望は勿論、受験した大学に全て合格したそうです。

普通大学受験というと、少なくて3校多くて10校前後受験するそうです。
その子は6校を受け全て合格ですから素直にすごいですよね。(僕だったらどんなに勉強しててもどこかで油断し1,2校は落としそう…笑)

対して予備校の指示を無視し我流だった子はどうなったのか。
結果は言うまでもありません。
模試を受けても一向に成績が上がらず常にE判定。
それでも目標としてきた学校ですから親としては受けさせたかったそうです。
滑り止め含め8校受けさせたそうですが、結果はなんと全落ち。 滑り止めが滑り止めらないというまさかの事態に。。
後期受験で誰でもはいれるような大学に入るという選択も出来たそうですが 本人も親も1年頑張った結果としてはあまりに情けなく悔しいとのことで泣く泣く浪人という選択をとります。

浪人期もまったく同じ某予備校に入ったそうです。
流石に本人も気持ちを入れ替えたのか今度は予備校の指示をすべて聞いたそうです。
そうすると成績も上がり現役の時に志望していた一流大学に一年遅れで入学しました。

二人とも学校は同じではないものの、どちらも日本人であればほとんどの人が知っている難関私大です。
レベルも同じくくりでそう変わりません。
ですが真似をした人間と我流で進んだ人間では一年という違いが出てしまいました。
まぁ日本の場合、一年遅れても就活には大して影響がありませんがそれでも余計にお金と時間をかけているわけですね。

髪の毛も一緒です。
よくわからない状態でよくわからない育毛剤やサプリメント選んで自滅する人は多いです。 (僕も昔はそうでしたけどね…)

未来を変えるためにきちんと〝行動する人〟

さて二つ目は行動する人です。

あなたの周りにもいませんか?
何か相談されたからこっちはアドバイスなり解決策なりを提案してみるものの 何かと理由をつけて行動しない人 。
「いやでもそれはさー」 「だけどー」 「でも俺は」 こういうのが口癖な人です。

こういう人は結局相談したり悩んでいる自分に酔っているだけで現状を変えようとはしません。
いつも周りのせいだったり環境のせいにして自分は悪くない、もしくは悪いと思っていても変えようとしない。

こういう人は残念ながら結果が出ません。
行動するのっていうのは労力がかかります。

なので面倒だし出来る限りやりたくないのはわかります。
ですが現状を変えるには最初は行動するのが必要不可欠だと思います。

最初は小さな行動でもいいのです。
ダイエットだったらどんなダイエット法があるのかを調べてみるだけでも大きな一歩です。
このブログのテーマである薄毛改善なのであれば、ネットやSNSで検索しどんな形であり僕のブログにたどり着き、ここまで読んでいる。
これだけでも大多数の薄毛で悩んでいる人よりは先に進んでいます。
大半の人は髪が抜けた段階で諦めて振り向かない女の子を攻めたり自信が無いのを他の部分(いうほど悪い顔じゃないのに顔のせいにしたりいうほど低くないのにお金のせいにしたり)のせいにしたりします。
なので冗談抜きにこのブログの読者さんは素晴らしいです。

多少の犠牲は覚悟で〝投資する人〟

3つ目は投資する人です。

これは2つ目の行動する人に似ているかもしれませんが、何かアドバイスを受けたときに投資する人のことをさします。
人生を変える。自信をつける。コンプレックスを解消する。
いずれにしても大なり小なり投資は必要になってきます。
代表的なので言えば最初の方に紹介した大学受験をする二人の子ども。(僕にとっては従妹の子どもですね)
二人とも大学受験を有利にするために、予備校にお金を払い時間を捧げています。
そして大学に入学が決まったら入学金や授業料を大学側に払います。
そして生徒は単位をとるために大学に通ったりします。
全てその先にある就職や人脈形成の為ですね。

髪の毛だって同じです。
髪を生やしたい、自信つけたい、と思っているのにもかかわらず 何にも投資しないスタンスで情報や知識もなく、シャンプーの時にお金も大した労力もかからない無料の頭皮マッサージを適当にやって終わりって人は、はっきり言って生える髪も生えません。 (あ、何度でも言いますが育毛剤やサプリメント、植毛に頼らずとも安価で手軽に髪は生えますよ!) (よくわからない人や企業から勧められたからといって育毛剤やサプリメント、植毛に手は出さないことをおすすめします)
未来を変えるにはお金でも時間でも体力でも何でもいいんですけど、何かしらの投資は必要なんですよね。。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まとめると、何かで結果を出す人は ➀真似する人 ⓶行動する人 ⓷投資をする人です。
髪の毛だけじゃなくてなんだって成功する人はこの三つの要素を持ってるような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です