なぜ自分に自信が無い人が多いのか?考えてみた。

どうも、ユージです。
今回も髪を生やし自信を手に入れるための考え方を書いていきますね。

世の中にはたくさんの人間がいます。
ですが全員に、

「あなたは自分に自信が有りますか?」

こういう質問をしたとしましょう。

恐らく日本人に限って言えば
「はい!あります!」
って答える人よりも

「いやー、どっちかというと無いですね…」
って答える人が多いんじゃないですかね。

なんでなんだろうって元々自分に自信なんてなかった代表として、

僕もよく考えます。

そもそも自信の無い原因がわかっていないケース

民族性ってのも多少はあるのでしょうが、

そもそも恐らく何が原因で自分に自信が無いのかが

よくわかっていない人が多いのだと思うのです。

自信が無いのはなぜか?って自問自答、分析するのって割ときつい行為です。

あまり考えたくないというか。

だってまず自分が自信ないのをちゃんと認めなければなりませんからね。

その上で見て見ぬふりをせず、

しっかりと自信の無い原因を認めなければいけない。

できればやりたくないですよね。

自信の無い原因には二種類ある

さて自信が無い原因にも二つ種類があって、

一つは目に見える原因。
もう一つは目に見えない原因。

言い換えると

一つは自覚できる原因。
もう一つは自覚できない原因。

前者はまだいいと思うんですよね。

目に見えて自覚が出来るんですから。

やるかやらないかを決めて、

物にもよりますがやると決めたらある程度は改善できます。

一般的には見た目のコンプレックスが多いですよね。

太ってる、薄毛だ、背が低い、顔が悪い、胸が小さい。

こんなところでしょうか?

まぁ割と共感できるし他人から見ても一目でわかります。

後者は厄介です。

目に見えないし自覚も出来ない。

だから改善方法もわからない

恐らくは内面的な事だったり他人との能力比較が原因なんでしょうね。

営業成績だったり、資格の数だったり、友達の多さだったり。

こんなところでしょうかね?
もっとあるのかも…

あとはまぁ、

番外編として、わかっていても認めたくないから目を背けてしまう。

なんてこともあるかもしれません。

これはもうどうしょうもないですよね。

極端な話、太ってるのに
「俺は太ってない!痩せる必要なんかないんだ!」

または同僚より営業の成績が悪いのに
「あいつはきっとズルしている!卑怯な奴だ!」

最初の方にも書きましたが、

しっかり自分の原因を認めないとそこで成長が止まりますし、

改善も出来ないです。

まぁ本人が自信の無い原因から目を背けて幸せなら全然いいんですけどね。

ある意味スーパーポジティブ。

羨ましい。。

もっと大変なのは、

こればっかりは別に人の自由なのかもしれませんが、

まったく気にしていない人。ある意味自信満々で幸せなのかも。

「太ってるけど別によくね?」
「仕事で契約が取れない?別にクビになんなきゃいいじゃん」

これもやっぱり羨ましい…

そんな風にポジティブに考えてみたいものだ…

でも実際一人で生きてるわけじゃないですし、

どこかで損をするかもしれませんので、

個人的には改善したほうがいいかなーと思いますが。。

このタイプは今回の話とは少しズレますね。

話を戻しましょう。

ですがまぁこんなところですかね。
自分に自信の無い人が多い理由。

自分の中で自信を付けさせない何かしらの原因があるのだと思います。

僕は個人的には大体の人は必ず一つか二つは目に見える原因、

つまりはコンプレックスを持っていると思います。

良く成功体験が無いから自信が無いのだ~、挑戦すれば~、

とか言ってる人や本が多いですけど、

そもそも自分にコンプレックスがある人は挑戦すること自体がキツイですからね。

 

まぁつまりは、

原因がわかるのかわからないのか。

認めるか認めないか。

改善するかしないのか。

どんな原因だったとしても一人でも多くの人が自信をもって前を向いて元気に生活してほしいですね。

明るい人が増えるとやっぱり楽しいですからね。

僕の場合は薄毛だった

ちなみに僕の場合は自分に自信の無い原因が薄毛だったので、

今思うと比較的楽だった気がします。

目に見える原因。
目に見えない原因。

僕はどっちだったのか?

髪が少ない。細い。薄毛。ハゲ。(まぁ表現は様々ですよね。)

これは前者でしょうか?後者でしょうか?

前者ですね。

僕が自信の無い原因。

それは目に見えて自覚ができる〝前者〟なのでした。

自分の中に希望がわいてきました。

後はそれに目を背けずに向き合い改善していくだけです。

友達が少ないとか仕事の成績が悪いとかそういった目に見えない原因とは違って、

僕のような身体的な特徴は気づきやすいですし、

改善した結果もはっきりとわかります。

ちなみに、

改善していく中での過程や結果が可視化、

つまりは見える化できるかできないかは、

コンプレックスを解消して自分に自信をつけるという行為の中では非常に大事なポイントです。

ダイエットであれば毎日、体重計に乗ったり、

受験勉強であれば模試を受けるのは重要なのです。

結果が悪かったら多少はへこむかもしれないけれど、

結果が良くなっていたらさらにやる気が出る。

いずれにしてもより真剣に取り組めるしモチベーション維持がしやすいのです。

髪の毛はまぁ鏡見れば生えてるかどうかってすぐにわかるので割と取り組みやすいです。

僕の場合は運よく正しい情報にありつけて、

髪を生やすことが出来たので大変恵まれてますね。

髪を生やせたら自信がつきますし、

間違いなく今よりも明るい人生が送れます。

諦めて生やさない手は無いと個人的には思いますけどね。

髪の毛っていうのは病気で抗がん剤治療をしてる最中の人とかではない、

一般的な原因の人(遺伝やストレス)からくるハゲなら必ず生えてきます。

大抵の人は何の対策もしないですしハゲても生やそうとはしません。

何度でも言いますけど生やせば自信がついて今よりも明るい人生が送れるのに… 非常にもったいないです。

それに身体的特徴から来るコンプレックスって色々とありますよね。

(太ってる、背が低い、胸が小さい、顔が大きい小さい、目が悪い、などなど)

もしかしたら身体的なコンプレックスでも抱えてるのは薄毛だけじゃないよって人もいるかもしれません。

ですが個人的な意見にはなりますが、

自分に自信が無い人で薄毛な人は、

なによりもまず最初に髪を生やせばいいのになーって思います。

一見、髪を生やすのってハードルが高いように思えるでしょうが正しい知識があれば案外簡単ですし、

さっきも言った通り進み具合を見える化出来るのでモチベーションも維持しやすいです。

そして生やすとかなり周りの反応が変わります。

この辺のエピソードはまぁブログでもメルマガでもたくさん書いているので、

良かったら見てみてください。

そして周りの反応が変わったという事が自信を生みます。

見た目も良くなりますし成功体験を積めたことによる達成感と周りの反応が変わることから生まれる自信は世界を変えます。

一生物です。

一気に恋人が出来たり仕事で結果が出せたりするかもしれません。

また、薄毛というのは多分悩んでる人が多い割に方法があまり確立されてないというか知られていないので同じように悩んでる人から俺にも私にも教えてって言われると思います。

それもまぁ人によっては、人から頼りにされ感謝されるので、承認欲求が満たされるというか人生がより充実するって人もいるでしょう。

いかがでしたでしょうか?

まぁ自由ですけどね。

生やすも生やさないも 自信をつけるのもつけないのも。

ただあくまで僕の意見で言うと生やすのがおすすめです。

諦めるのは非常にもったいない。。

僕の人生にはコンプレクスはいらないし、自信満々で楽しく生きたい。

因みに僕は今も定期的に自分には改善要素が無いのかを振り返る時間をとっております。

意識高いなーとか言われて、

場合によっては馬鹿にされるようなことも、

偶にあるけれど、

常にコンプレックスを改善する姿勢の方が人生楽ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です