恋愛において出会いがないとは何なのか?

どうも、ユージです。

今回は「恋愛において出会いが無いとは何なのか?」というテーマです。

割と悩んでる方も多いんじゃないでしょうか?

もしかしたら、

今この記事を読んでくれているあなたも悩んでいる事かもしれませんね。

ちなみに、僕の周りにも出会いが無いことで悩んでる人が多いです。

会社や習い事?に行ってる中で割とたくさんの人に相談されてきました。

今日はそんなときに、

僕がいつも相談者に対して

言っていることを書いていきます。

是非最後まで読んでくれたら

うれしい限りです。

出会いが無いんじゃなくて出会いの場に飛び込んでいないだけ

結論から言いますと、

もうこれに限ります。

出会いの場が無いんじゃなくて、

出会いの場に飛び込んでいないだけ。

実際今のご時世、

出会いを望める場所なんてたくさんあります。

街コン、婚活パーティ、マッチングアプリ、SNS、オフ会、料理教室、ジム、バー、居酒屋、フェス。

こんなのは一部も一部でまだまだあると思います。

やっぱインターネットの広まりもあって、一昔前より急速に出会いやすくなった印象です。

ちなみに、

マッチングアプリというのは、

昔で言う出会い系ですね。

僕が若かった時は、

出会い系ってなんか怖い、

事件に巻き込まれるかも、

なんてイメージがありましたが、

最近はマッチングアプリという名前に変わって、

世間のイメージもだいぶ良くなってきているそうですね。

僕の職場にも20代で彼女持ちの後輩がいるのですが、

どこで出会ったの?って聞くとマッチングアプリですって答えが返ってきたことがあります。

さて話を戻しますが、

意外と出会いの場自体は多いものです。

まぁ出会いが無いことで悩んでいる人も

こんなことは薄々わかっていると思います。

ではなぜ会えない人が多いのか?

自信が無いのと出会いを欲している自分を認めるのが嫌だ問題

もう簡単に言うとこういう事なのかなと思います。

一つ目の

自信が無いというのは、

このブログでも散々書いてきましたが深刻な問題です。

自分に自信が無いため新しい世界に飛び込むことを怖がります。

新しい世界というと大げさな感じがしますが、

出会いを求めて街コンに参加してみたり、マッチングアプリを始めたりするのは、

十分に新しい世界への飛び込みです。

後で書きますが、

会社と家の往復していなかった、

自分に自信の無い

昔の僕にとっては、

そういった場所に飛び込むのは、

大変難しいことでした。

街コンって言ったって、

どんな人がいるのかも、

自分がその場で受け入れられるかも、

ハッキリ言ってわかりません。

未知の領域です。

そんな未知の領域に挑むには

やはり自分に自信が必要です。。

見た目なのか中身なのかそれ以外なのかは人それぞれでしょうが、

自分に自信をつけるには、

悩みやコンプレックスを解消して自分を高める必要がどうしてもあります。

次に出会いを欲している自分を認めるのが嫌だということ。

これももう文字の通りなのですが深刻というか、

乗り越えていかなければなりません。

出会いを欲しているということは、

それと同時に出会いが無い、

彼女になってくれそうな女性が周りにいないという事を認めるという事です。

プライドが高ければ高い程、

この認める作業が辛くなってきます。

なんかこう自己否定につながるというか、

自己否定できる人はまだマシで、

そんなことない!俺は周りに女くらいいるぜ!

ですとか

最悪なケースは、

よくよく考えたら恋愛する必要なんてないよな!

って思っちゃうことです。

本当に恋愛に興味ないならいいんですけどね。

ただ正直そんな人中々いません。

僕ら人間は弱い生き物ですから、

個人差はあれど

孤独には弱いですし、

本能的に子孫を残したいはずですから。

本当は結婚したいけど、

そんな気持ちを無理やり誤魔化す。

昔の僕もそんな状態に一瞬なりかけていました。

なりかけ寸前だったので良かったですけどね。

ユージは自分に自信をつけたから結婚できた。

僕も今は40代で結婚してますけど、

30代後半の時は、

自分に自信が無く、

結婚どころか恋人すらいませんでした。

やっぱり自分に自信が無いから素直に出会いを求められない。

自分の存在を否定されるかもしれないから、

怖くて出会いの場に参加できない。

こんな状態でした。

そんな僕ですが、

僕の場合は自分に自信が無い理由が明白でした。

ずばり〝薄毛〟です。

30代後半なのにつむじ周りがスッカスカ。

芸人さんで言うフットボールアワーの岩尾さんのような感じです。

もうとにかく自信が無くて、

恋愛なんて考えられませんでした。

正直当時は本当に恐ろしかったです。

男って歳を取ればとるほどモテていくって言う意見あるじゃないですか。

勿論それが100%正しいとは思いませんが、

僕の場合歳を取る度に髪が減っていくので、

見る見るうちに自分に自信が無くなっていって、

見る見るうちにどんどんモテなくなっていきました。

かなり恐怖です。

女性どころか男性の友達も増えない。

大学時代の友達とか地元の友達とかはどんどん結婚していくので、

会ってくれなくなっていきました。

寂しかったですし、

自分だけ取り残されている気がして、

悲しかったです。

僕は一生このままなんだろうか?

彼女も友達もおらず、孤独死ルート確定なのだろうか?

そんな人生嫌だなぁー

正直結婚とか彼女とか、

贅沢は言わないから、

せめて人と緊張せず、

堂々としゃべれるようになりたいなぁ。

これだけじゃないんですけど、

こんなことを思って、

自分に自信をつける、

僕の場合は、

髪を生やすことを決意しました。

当時は人と話すときに目なんか見ることが出来なかったし、

声も小さい。

おまけに恐らく話もつまらない。

そんな人生から抜け出したかったのです。

それからの僕はありとあらゆる育毛法を調べに調べて、

実践して実践して、

最終的には割と速い期間で髪を生やすに成功しました。

髪を生やしたことで、

見た目が良くなったのと成功体験が詰めました。

お陰でかなり自信がつき、

性格も良くなって来たし、

職場を中心にどんどん友人が増えていきました。

ですが人って言うのはどんどん欲が出てくるもので、

友人が増えると次は恋人がほしくなります。

別に恋人欲しさに通いだしたわけではないのですが、

当時の僕はコンビニ弁当に飽きたという理由で料理教室に通い始めます。

髪を生やす前は自信が無くて料理教室なんて通えなかったでしょうからかなり大きな一歩です。

会社以外で外に出る理由が出来たのですから。

僕はそこの料理教室で運よく運命的な出会いをし、

20代後半の女性と結婚することが出来ました。

別に自慢する気なんかさらさらないですが、

僕の場合は、髪を生やして自分に自信をつけたのが人生の転機でした。

自信は人生を円滑に進めるために無くてはならないもの。

本当にそう思います。

自信が有るか無いか、髪が有るか無いかで僕の人生は大きく変わりました。

結婚できたのはやはり大きいですが、

禿げていた頃と比べて、

友達も増えましたし、趣味も増えました。

素直に人生が好転した。

僕の場合は人生、

生きてい行く上で必要不可欠なものは〝自信〟だと本気で思ってますし、

自信をつけるために、コンプレックスや悩みは徹底的に解消改善する姿勢で死ぬまで生きていくつもりです。

もしあなたが出会いの場が無くて困っているんだとしたら、

この記事を通して

出会いの場はある、出会いの場に飛び込めないのは自信が無いのと少しプライドが高いだけである、

ということを理解してもらえれば、

僕として嬉しい限りです。

プライドを消して自分に自信を付ければ、

人生が本気で変わっていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です